レーシック手術に掛かる時間はどのくらい?

手術というものには沢山の種類があり、時間のかかる手術や短時間で終了する手術もあります。レーシック手術は後者の短時間で終わる手術として有名です。手術が昼からなどの場合は午前中に仕事などをしてから病院に行くこともできるくらい時間を必要としないのがレーシック手術なのです。手術当日は2時間~3時間程度病院に居ることになります。

実際に手術室に入る時間は30分分程度となっていて、その他は術前の検査や、術後の休憩の時間となっているのです。レーシック手術は片目が10分~15分程度といわれていて、レーシック手術といっても実際にレーザーが当たっている時間は数秒といわれているのです。もちろんその数秒と言っても人それぞれ目の症状も違うので、時間にもいくらかの差は出てきます。

その他では点眼薬の麻酔をする時間や、その他の庶務についての時間なので、本当の意味でのレーシックの手術時間といえば相当の短時間となるのです。そして術後の30分から1時間程度は目を休ませるための休憩時間となっているので、ゆっくりと休むことができます。このように半日もかからないで全体的なレーシックの手術は終了するのです。

一見、手術といえば1日がかりで、手術前日や後日も病院によって時間を取られるように感じられるものですがレーシックの手術は気軽に短時間で終了することができ術前の検査やカウンセリングなどの時間よりも手術時間のほうが短いということになるのです。忙しい方でもその人のスケジュールに合わせて手術の工程を組むこともできるかも知れないので一度病院に問い合わせてみてはいかがでしょうか。